逆選挙、解禁。

2014年末 衆議院選「逆選挙」は開催されませんでした。今回は選挙へ行こう! 詳細はこちら

過去の「逆選挙」の結果は以下からどうぞ!



2014年 大阪市 逆選挙 結果
2014年 都知事選結果(前回) 2013年 参院選結果(前々回)

メール登録

© 逆選挙管理委員会 2017

戻る

逆選挙について

ホーム

逆選挙って? ─どうでもよくない、あなたへ

逆選挙は、嫌な人に嫌な理由を付けてサイトから投稿する、いわば“批判受付専門”のウェブサービスです。

選挙は「この人に任せたい!」という信任投票。逆選挙は、その名の通り、逆です。

政党や政治家に対する、あなたの不満・批判を“遺憾の意”として見える化し、投稿。それらをあなたに代わり、私達のTwitterアカウント用いて、直ちに政治家が所属する政党の公式アカウントへ送信します。

また寄せられた遺憾の意は集計・分析され、匿名のままマスコミ各社や政党、政治家へ 私達から届けることを予定しています。

どうして逆選挙?

「入れたい候補がいない!」
「この政治家には当選してほしくないな・・・」

選挙のたびに、投票所に行くたびに、そう思う人。多いと思います。

どうして票を入れたのか、どんなことを期待するのか。それらを投票用紙に書くことは、もちろんできません。だから当選した政治家たちが何をしようが、ほとんど白紙委任の状態。

当選した途端、手のひらを返された。それもよくある話です。

「自分の希望を汲み取ってくれた」。選挙を通じて、そうした満足感はありましたか?

満たされない期待。それらは批判へと変わります。私たちはそうした不満・批判を適切に汲み取り、分析する仕組みとして、逆選挙をつくりました。

どうして今?

インターネットの普及などによって、普通の人がさまざまな情報や議論に触れ、考えを深めることができる時代になりました。同時に、情報を"アウトプット"することのハードルも下がりました。

選挙が終わってしまえば、あとは全てお任せ。そんな時代はもう終わり。

一人ひとりが身近な問題を通じて社会について考え、政治に対して“注文”をつける。そんな新しい文化を育むプラットフォーム(場)にしたい。私達はそう願っています。

政権の支持率が高いと言われている今、本当に国政を担っているプレイヤー(政治家)に注文はありませんか? 私達は、政治にひとこと注文をつけたいあなたにぴったりのツール(道具)を提供します。

それが逆選挙。どうでもよくないあなたは、存分にご活用ください。

批判は世界を変えられるか? ─逆選挙管理委員会の思索

適切な批判は、当事者にとっては思考を深めたり対案を考えたりする上で、重要な情報源です。その一方、インターネット上には、さまざま物事、人に対する批判が渦巻いています。

これら有象無象の批判には、その対象すら明確でないもの、中傷めいたもの、コンピュータはもちろん人間でも真意がわからないものが数多く存在します。

その中から、判断材料になったり思考を深めたりできる有用な情報を取り出すことは、ほとんど不可能でしょう。

そこで私たちは、Twitterなどインターネット上の書き込みを、なんとなく分析する手法は取りませんでした。

適切に批判を投稿し、分析する仕組み。批判の対象を明確に示しやすい、適切な批判を投稿するのに特化した仕組みができたとしたら、どうでしょうか。

誰が、何について、どう感じて、批判しているのか。傾向が分析できるとしたら、どうでしょうか。

その中から、望ましい未来、期待を寄せる将来が見えてきそうな気がします。私達が逆選挙に込めるもうひとつの願いは、そこにあります。

◆ 機能追加/改善

前回の参院選逆選挙で皆様のご意見、ご感想などを踏まえ、いくつかの機能が追加されました!

・[NEW!] 遺憾の意"便乗"機能

投稿された遺憾の意は次のようなURLを含めツイートされていました。
(前回例) http://ap.gyakusenkyo.com/view/2301

このように既に投稿された意見に、「私も遺憾だ!」と共感できる場合
同ページ内にある"イカンでしょ!"ボタンを押すことで、集計結果に1カウントされる機能を追加致しました。

・[NEW!] 政治家個人アカウント宛匿名ツイート機能&反論機能

前回は政治家が所属する政党宛に匿名(逆選挙公式ツイッターアカウントとして)ツイートする機能がありましたが、政治家自身がツイッターアカウントを持っている場合、政治家個人宛にもメンションをつけてツイートされる機能が実装されました!

また、本人や政党から反論(メンション)が届いた場合、ほぼリアルタイムに遺憾の意ページに本人からの返信が掲載される機能も追加され、双方向性が向上致しました。

ご支援が必要です!

今、逆選挙はインターネット関連のエンジニアや研究者、デザイナーなどの有志が個人的なプロジェクトとして 関わって進められており、皆様のご支援によって運営されています。プロジェクトの主旨にご賛同 頂けるようでございましたら、どうかご支援をお願い致します。

支援する

© 逆選挙管理委員会 2017

戻る

FAQ

ホーム

FAQ(よくあるご質問)

逆選挙を利用できる環境について教えてください。

インターネット環境に接続可能な端末(スマートフォン・タブレット・PC)で利用可能ですが、 一部の環境(Internet Explorer バージョン7以下のブラウザ、Android 2.2の標準ブラウザ)では利用できないことを確認しております。 該当のブラウザをご使用の方は、ブラウザのアップデートを行っていただくか、 別の端末でご利用いただくことを推奨しております。

具体的にどのような操作をすればいいのですか?

お手持ちの端末で以下操作を行っていただくことで、貴方の不満を各政党のツイッター公式アカウントにお届けします。

1. gyakusenkyo.comトップページにある「遺憾の意を表明する」ボタンを押す

2. 「新規投稿開始」ボタンを押す

3. 政党および候補者の写真一覧をタッチ(ドラッグ)操作して不満をぶつけたい対象を選択し、「対象候補決定」ボタンを押す

4. 不満内容の分野を選択した後、10文字〜171文字でその不満の詳細を入力し、「入力完了」ボタンを押す

5. タッチ(ドラッグ)操作により署名を手書きで入力し、「提出」ボタンを押す

以上の操作により貴方の不満が政党に届けられます。

逆選挙に投稿した不満は結局どうなるのですか?

貴方の不満は各政党のツイッター公式アカウントに逆選挙管理委員会のアカウント (@gyakusenkyo) からお届けします(ただし特定のNGワードが含まれているなど、誹謗中傷であるとシステムが自動で判別した内容についてはツイートされません)。 また、寄せられた不満は逆選挙終了後、ありのままを全て各政党にお届けする予定です。 逆選挙に不満を投稿することにより、少なからず政治に影響を与えられます。

イヤな理由(不満)をうまく言葉にできません。

簡単な内容(例:「○○の政策をやってるから」「○○を廃止しようとしてる」など)で大丈夫です。 また本システムは、誹謗中傷判別を自動で行った後、逆選挙管理委員会のツイッターアカウント (@gyakusenkyo) を使って匿名で政党に不満をお届けしますので、思ったままの不満を入力していただいて問題ありません。 候補選択画面に表示されるWikipediaへのリンクやタグクラウドでのウェブ検索を使って対象候補の詳細を調べることも可能です。

逆選挙管理委員会とは何者ですか。

大阪を活動拠点とするシステムエンジニアをはじめ、情報科学分野の大学研究者、Webデザイナーなど有志数名で構成しております。 構成員は全員選挙権を有する20代~30代の社会人であり、日々の業務と委員会活動の両立に取り組んでおります。 プレスリリースにも記載しておりますが、 本委員会は特定の政党・政治団体、法人や宗教団体などと利害関係をもたない任意団体です。 「社会的課題の発見、可視化」を課題とし、継続して逆選挙に関する活動を行う予定です。

逆選挙を利用することで個人情報が漏れるのが怖いです。

逆選挙を利用していただく際に、メールアドレスや他Webサービスのアカウントの入力は一切不要ですのでご安心ください。 また、逆選挙システムが取得する個人情報としては (1) アクセス時のIPアドレス (2) 事前に「メール配信登録」から ご自身で登録していただいたメールアドレスであり、本システムが自動で勝手に利用者のメールアドレスやアカウントを 取得することはありません。

寄付金やグッズ収益などの使い道について教えてください。

逆選挙システムを動かしているサーバの運営費や法令遵守のための調査費などに充当させていただく予定です。 逆選挙管理委員会は特定の候補者や政党を応援する意図はなく、完全中立で運営しているため、 何卒ご理解、ご協力いただければと思います。

システムの仕組みや今後の取り組みについてなど、もう少し詳しい話を聞きたいのですが。

個別に対応致します。 こちらからご相談ください。

© 逆選挙管理委員会 2013

戻る

2014年 衆議院総選挙 〜 今回は選挙へ行こう!

ホーム

ご無沙汰しております、逆選挙管理委員会です。
本日、衆議院総選挙の公示が行われました。

# 2014衆院選:凍える朝、熱い舌戦 19選挙区に65人立候補 | 毎日新聞 2014年12月02日 大阪夕刊
http://senkyo.mainichi.jp/news/20141202ddf010010012000c.html

今回の選挙こそ逆選挙、ぜひ開催をとのお声を多数頂いておりましたが
2年前の衆院選同様、メンバーの仕事が年末ということもあり立て込んでいること
突然やって来る選挙、ギリギリに決まる候補者に対応する(現状は人海戦術です。。)
データ収集・整理を簡素化する次期システムの開発が間に合わないことから
大変残念ではありますが、今回の開催は見送らせて頂くことと致しました。

ご期待を寄せて頂いた皆様には申し訳ありません。

このプロジェクトは、大阪を活動拠点とするシステムエンジニアをはじめ
情報科学分野の大学研究者、Webデザイナーなど有志数名で行っております。

もちろん政党、候補者から利益供与を受けているはずもなく
プロジェクトに関わる全員が手弁当で開発しております。

今回は活動リソース(資源)不足です。

今後システムを刷新し、このような突然の選挙にも対応出来ることを目指し
引き続き活動して参りますが、皆様におかれましてもプロジェクトの主旨に
ご賛同頂けるようでございましたら、何卒ご支援をお願い申し上げます。

【ご寄付先】


ゆうちょ銀行から

記号: 14180
番号: 67554841
名義: ギヤクセンキヨカンリイインカイ
その他銀行等から

銀行: ゆうちょ銀行
支店名: 四一八 (418)
口座番号: 6755484
名義: ギヤクセンキヨカンリイインカイ


逆選挙が無かったらどうしたらいいの?

今回は逆選挙は開催されませんが、あなたの意思を表明する方法が他にもあります。
TwitterやFacebookなどでみなさんの思われるところ、ぜひ発信してみて下さい。
きっと、次のような取り組みによって、それらのコトバは可視化されることでしょう。

# ビリオメディア - 朝日新聞
http://www.asahi.com/special/billiomedia/

※逆選挙の着想を得た取り組みの一つです。秀逸。

また、さらに直接的にあなたの意思を伝える方法があります。
・・・それが「選挙権」であり、「選挙」です。

逆選挙は「選挙」で現れにくい、みなさんの不満を可視化する取り組みであり
選挙の補完プラットフォームです。

私達同様、師走の折、みなさまも多分にお忙しいかと思われます。
期日前投票などで、確実に、直接的意思を表明してみましょう!

© 逆選挙管理委員会 2017

戻る

プレスリリース

ホーム

プレスリリース

2014年 大阪市 逆選挙 開催のお知らせ (2014.03.10, PDF)

2014年 東京都知事選 逆選挙 開催のお知らせ (2014.01.27, PDF)

第23回(2013年)参議院逆選挙 結果 (2013.07.21, PDF)

プレスリリース(2013.07.02, PDF)

メディア掲載履歴

【NHK】クローズアップ現代 検証“ネット選挙”(2013.07.23 放送)

【MSN産経ニュース】「若者から搾取」「格差是正は…」候補者に不満届ける逆選挙サイト ネット選挙解禁で有権者(2013.07.16)

朝日新聞デジタル:有権者もネット駆使 演説実況や「有益批判」サイト - 2013参院選(2013.07.05)

【毎日新聞】逆選挙:候補者への批判、政党ツイッターに サイト開設(2013.07.02)

© 逆選挙管理委員会 2013

戻る

メール配信登録

ホーム

最新情報をメールでお届け

逆選挙結果に関する速報や新機能リリースなどの情報をいち早くメールで限定配信を行います。 次のボタンより是非ご登録ください。

以下の項目は任意です。ご協力をお願い致します

性別
ご職業
良くご覧になるもの ※複数選択可

© 逆選挙管理委員会 2017

戻る

寄付のお願い

ホーム

ご支援が必要です!

今、逆選挙はインターネット関連のエンジニアや研究者、デザイナーなどの有志が個人的なプロジェクトとして 関わって進められており、皆様のご支援によって運営されています。プロジェクトの主旨にご賛同 頂けるようでございましたら、どうかご支援をお願い致します。

ご送金先

ゆうちょ銀行から

その他銀行等から

© 逆選挙管理委員会 2017

戻る

逆選挙管理委員会について

ホーム

逆選挙管理委員会とは

大阪を活動拠点とするシステムエンジニアをはじめ、情報科学分野の大学研究者、Webデザイナーなど有志数名で構成しております。

構成員は全員選挙権を有する20代~30代の社会人であり、日々の業務と委員会活動の両立に取り組んでおります。

プレスリリース記載の通り、 本委員会は特定の政党・政治団体、法人や宗教団体などと利害関係をもたない任意団体です。 「社会的課題の発見、可視化」を課題とし、第23回参院選の公示期間に実施する「逆選挙」サービス以降も継続して活動を行う予定です。

© 逆選挙管理委員会 2013